2019年新年企画 巾着御守り 

 

 

2019年 あなたをお守りします



 

 

今年一年の持つ方の守護を願い祈祷しております、新年の企画御守りです。

新しい年を迎えた時と旧暦のお正月を迎えるまでの期間、大国ミロク大社の神殿に御守りをお供えし、御祈祷致しました御守りを今年2019年一年の御守りとしてお渡しいたします。

亀甲がデザインされた新たな御守り袋としました。 古くから亀は長寿の象徴とされ、吉祥文様の一つでもあります。幸多き年となるよう、願いを込めております。

様々な啓示が伝えられて参りますが、そのような中だからこそ、日々の暮らし営みは大変大切な事となってきます。 大切な方々との時間を持つためにも、基礎基盤となる衣食住というのは大切な事になってまいります。 少しでも、危機、災いから回避されそして、善き未来へと進む事が出来るよう、 大切な方々との営みを壊される事が無いように、そしてその基礎が揺らぐことなく、危険にさらされることないようにと、この御守りに願い祈りを込めております。 

 

ご家族の守護として、お一人お一人の守護として。

2019年1年を通してお持ちいただけます。

 

 

 


2019年を無難無事故とご家族のご健康と笑顔がありますように、

御祈祷させていただきます。

 

※ご注意※

私共大国ミロク大社では、自然の動きに沿っている旧暦を大切にしております。宮の行事も旧暦にて執り行う行事が多くございます。

その為、私共が考える年明けとは、旧暦の1月1日を迎えて、本来の新年が明けたとしており、2019年は、 新暦2月5日が旧暦1月1日となり2019年の幕開けとなります。

今年はこの旧暦元旦の御祈祷を終えました後、更に大国ミロク大社の大祭になります「節分祭」の大きな清め改めの御祈祷致しましてお送り致します。

その際には、御守りの祈祷の御言葉を頂戴し、冊子にしまして同封いたします。

ご依頼いただきます皆様には、長らくお待ちいただく事になりますが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

<<Q&A>> 

御守りは、家族一人一人が良いのですか? 家族で一つでも構いませんか?

A 出来ましたら、ご家族様お一人お一人が、その方個人のお守りとして、お持ちになっていただきたいと思っております。

もちろん、お一人お一人では、費用の面もございますので、1つで家族皆様ということで御祈祷することも可能でございます。

ご家族様皆様で1つのお守りをご希望の場合は、家族の代表として御守りをお持ちになる方のお名前(よみがな)と干支と共に、ご家族様皆様のお名前(よみがな)と干支・生年月日を 「備考欄」 にご記入をお願いいたします。

祈祷の際に、ご家族様用という事で御祈祷致します。

また、家族分を一回の注文でご依頼いただく際には、備考欄に、お持ちになる方の御名前とよみがな、生年月日と干支をご記入くださいませ


ずっと購入しています。前年のものはどうしたら良いですか?
引き続きのご購入、ありがとうございます。

前年にお求めいただきました新年のお守りは、お手数をおかけいたしますが、当方へお送りくださいませ。

(申し訳ございませんが、当方へお送りいただく際の送料はご負担くださいませ)

2019年1月3日に大国ミロク大社の天岩屋の前にて前年の守護の感謝と共に、厄を払う清めるという意味を込め、2018年用の巾着の中のお米とお塩をおたきあげいたします。

【新暦 1月3日に間に合わなかった方は、次回、新暦2月6日にあります当宮の大祭「節分祭」にてお焚き上げいたします。ですので、 2月4日までに、 当方へお送りください】

今年は、新たに巾着を変えて中身をお送り致します。ご依頼の際には、巾着の色をご指定下さいませ。

前年の新年のお守りの巾着に中身を入れ替えてお届けするという意味ですが、前回の巾着に詰めることによって、「年々込める」という意味、中身を変えるということで、未来に繋ぐという意味合いがあります。


昨年購入しました。今年も購入希望ですが、もう巾着がボロボロです。新しく購入したら、年々繋ぐという意味が無くなりますか? 

A 大切にお持ちいただきましてありがとうございます。 

前年の御守りは、お手数をおかけしますが、当方へとお送りくださいませ。お焚き上げさせていただきます。
また、新しくご購入の際に、前年も購入している旨を 「備考欄」 にお書き添えいただけましたら、祈願の際に、引き続き繋ぐ意味を込め御祈祷させていただきますので、ご安心くださいませ。

以前、色のついたお守りだったのですが、今年は無いなのですか?
2016年より、朱と藍の亀甲のお守り袋と 「龍粉巾着」 の3種とさせていただくこととなりました。

新たに亀甲のお守りのご希望の色をお選びの上、ご依頼くださいませ。 色のついたお守りの時には、色別の御祈祷がありましたので、祈祷に際し、ご希望がありましたら、ご依頼時の備考欄に内容を御書き添えくださいませ。

 

Q 以前、御守りを購入しました。中身だけの交換はどうしたら良いですか? 
 :中身だけの交換は、専用のページがありますので、そちからご注文くださいませ。また、ご依頼時には、お手元の御守りをご返送いただけますようお願い致します。

 

Q 御守りを返す際には、中身だけでいいのでしょか?

お守りは、袋ごとお送りくださいませ。こちらで中身の交換をいたします。

 

【ご注文締切】:2019年2月4日


【お届け内容】:朱または、紺の巾着お守りのどちらか一点、御札祈祷時に伝えられた言葉の冊子(2018年お申込みの方には個人様への御言葉が3つ、全体で3つ、2019年お申し込みの方は個人様が2つ、全体で3つとなっております)御神饌(2018年11月15日艮祭にて奉納したお米、お豆、お塩。心身の健康を頂く意味があります)、さざれ石の小瓶御守り

【発送予定日】:2019年2月10日より順次発送いたします。


 

■ご注文に際してのお願い■

 御祈祷の際に御名前を読み上げますため、御名前(ふりがな)、生年月日、干支を『備考欄』にご記入願います。

 御家族全体の御祈祷においては、御家族皆様の御名前(ふりがな)、生年月日、干支を『備考欄』にご記入願います。

 

※記載例※ 

山田 一朗(やまだ いちろう)(本人) 1970年1月1日 戌年 

山田 華子(やまだ はなこ)(妻) 1972年1月1日 子年

山田 朗(やまだ あきら)(長男) 1998年1月1日 寅年

山田 実華(やまだ みか)(長女) 2000年1月1日 辰年

山田 太郎(やまだ たろう)(実父) 1946年1月1日 戌年





■カートよりご注文いただきまして、指定の銀行へ商品代金をお振込み願います。

■クレジット・コンビニ支払の方は下記より専用サイトにてお支払くださいませ。

 (stores.jpへ移動します) 

 

 




■こちらの商品は、レターパックで発送いたします。商品は送料込みのお値段です。 
■入金確認後の発送になります。

 

他の写真

  • 金糸、朱、黄色の糸の亀甲模様(上段左)
    金糸、薄緑、藍の糸の亀甲模様(上段右)
    巾着の中に大祭時にお供えしたお米と五穀を入れます(下段左)
    老若男女問わずお持ちいただけます(縦:約6cm/幅:5cm(一番広い部分))
  • 各セット内容です
    ・巾着(どちらか一点)
    ・祈祷時のお言葉冊子(一冊)
    ・さざれ石の小瓶御守り(1個)
    ・御神供(お米と五穀)
  • 「天然石のさざれ石」をお入れしております。
    (シトリン、アメジスト、カーネリアン、ムーンストーン、アベンチュリン、タイガーアイ、水晶、ラピスラズリ)
2019年新年企画 巾着御守り 

販売価格: 11,800円(税込)

在庫あり
 
お持ちになる方もしくは代表者の干支:
巾着の色:

販売価格: 11,800円(税込)

数量: